ホーム » これまでの仕事 » 漫画がはじまる
漫画がはじまる

2008/06/09 発行

漫画がはじまる

著者井上雄彦 伊藤比呂美
出版社スウィッチ・パブリッシング
金額1,500円(本体)+税
本の内容
  • まえがき 見事な言葉 井上雄彦
  • 第一章 『SLAM DUNK』を語りつくす
    • 熊本じゅう駆け回って『SLAM DUNK』を集める
    • 学生時代は古着屋でバイト?
    • 手塚賞受賞が漫画家になるきっかけに
    • やっぱり三井が好き?
    • 桜木花道のキャラクター
    • バスケット漫画の描き方
    • 鮮やかなラストだからこそ
  • 第二章 『バガボンド』を語りつくす
    • 『宮本武蔵』と『バガボンド』
    • 死を引き受けることの痛み
    • 『SLAM DUNK』と『バガボンド』をつなぐもの
    • 「小次郎篇」が終ったあと、描くことができなくなった
    • 人と出会い戦いながら、武蔵は人間になっていく
    • 記号と記号の間にあるもの
    • キャラクターの成長、書き手の成長
    • ポジティブな何かが含まれていないと、物語に存在価値はない
    • リアリティの見せ方
    • 個性派ぞろいの脇役たち
    • 生きるということ、死ぬということ
  • 第三章 漫画と言葉
    • 同時代の漫画家と影響
    • 仕事のペースとスケジュール
    • 漫画家に必要なものは?
    • 作品をどうやって守るか
    • 言葉の力、絵の力
    • 漫画は情報量が多い?
    • 『SLAM DUNK』『バガボンド』『リアル』の違い
  • 井上漫画はお好きですか?「大好きです」
          ――あとがきに代えて 伊藤比呂美

海外版一覧

  • 만화가 시작된다

これまでの仕事一覧へ